トップ > 学科紹介 > メッセージ|介護福祉学科

介護福祉学科

高い専門性と実践力を身につけ、生活支援のプロフェッショナルを育成

高い専門性と実践力を身につけ、生活支援のプロフェッショナルを育成

2年間で介護福祉士の国家資格取得をめざします。介護に必要な専門的知識・技術を学び、介護実習では施設や地域で職員の指導を受けながら介護を実践! 実習での利用者との出会いは、介護福祉士としての幅を広げる貴重な体験です。利用者のそばでその方の生活を支え、豊かにする介護福祉士を育成するため、教員も学生と共に学び合い、一緒に成長していけるようサポートします。

介護福祉学科でめざせる

学科長メッセージ

佐々木 洋子

介護福祉学科では、「介護」を中心に「人間と社会」「こころとからだのしくみ」の三つの領域で学習をしています。2014年度からカリキュラムに「医療的ケア」が組み込まれ、ますます介護福祉士に対する期待が増しています。「豊かな人生」「豊かな生活」を支えるために、「共に学び」「共に笑い」「共に泣き」人生の時を分かち合いましょう。
 
 

卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージ

卒業後もキャリアを積んでステップアップ!活躍の場は多彩に広がっています。

萬  亮介 介護福祉士

萬 亮介
社会福祉法人 西中国キリスト教社会事業団 廿日市高齢者ケアセンター勤務

山口県立柳井工業高校出身

介護の奥深さが分かり始めたこのごろ

職場には考えが深く私の想像を超えたケアを実践する先輩が多いので、その方たちに学びながら成長したいです。介護の仕事はきつい部分もありますが、利用者さんの人生の一部に触れ、喜びや悲しみを分け合える素晴らしい仕事。その奥の深さが分かるにつれ、この仕事のやりがいを感じています。

永野 優季 介護福祉士

永野 優季
周南市事業団 鼓海園 勤務

2014年卒業 山口県立光丘高校 出身

「あなたで良かった」このひとことが宝物です!

周南市事業団の福祉施設で介護福祉士として働いています。お年寄りが好きで、人と関わることが好きなので、毎日楽しく仕事に向き合えています。あまり話せなかった利用者さんの身体の回復が見られたり、「あなたで良かった」と声をかけていただけると喜びも倍増!今後はケアマネージャーの資格にチャレンジ!ステップアップを重ね、介護の世界でがんばっていきたいと思います。

YMCAで学んだ先輩の声

在校生からのメッセージ

在校生からのメッセージ

同じ目標をめざして切磋琢磨する先輩からのメッセージ。

金田 梨沙

金田 梨沙

山口県立岩国総合高校出身

実習で学んだ感謝の心を忘れずに

一緒に暮らす祖父母に幼い頃からかわいがってもらった分、今度は私自身が支えていけたらと思い、介護福祉士をめざしました。実習では、多くの利用者さんと対話し、その中でもよく耳にしたのは「感謝の気持ちを持つ」という言葉。利用者さんと接して、介護技術や知識の他にも大事なことを学ばせていただき、とても良い経験になりました。実習先には卒業生も多いので、やさしくアドバイスしてくれたことも助かりました。

山本 明日香

山本 明日香

山口県立岩国総合高校出身

利用者さんの言葉で夢に近づけました

実習先で利用者さんから「一度始めたことはどんなに辛くてもあきらめたらいけん。いつかは絶対に報われる」と何度も話されたことがとても印象に残っています。人生経験豊かな利用者さんの言葉だけに、説得力もありました。今、実習や課題を乗り越えて、夢に近づけたのも、途中であきらめなかったから。幅広い年齢層のクラスメートと仲良くなり、楽しい仲間や先生もいつもそばにいるので、充実した学校生活を送れます。

資料請求