トップ > 学科紹介 > メッセージ|保健看護学科

保健看護学科

看護師+保健師のW資格!広い視野で健康問題に取り組める看護職に

看護師+保健師のW資格!広い視野で健康問題に取り組める看護職に

医療は「治す医療」から「治し支える医療」、「病院完結型」から「地域完結型」の医療へと変化し、地域包括ケアが求められています。そんな中、保健の知識を備えた看護職のニーズが高まっています。本学科ではそうした社会の要請に応えるために、看護師と保健師のW国家資格同時取得をめざす4年間の「統合カリキュラム」を編成。看護大学と同等の科目をそろえ、看護の知識・技術だけでなく、健康づくりから病気の予防まで包括的に健康をとらえ、地域や病院で活躍できる看護職の養成をめざしています。

保健看護学科でめざせる

学科長メッセージ

江見享子

保健看護学科では、看護師・保健師の統合カリキュラムを学ぶことで、病院だけでなく、地域でも活躍することのできる、看護職の育成をめざしています。知識・技術はもちろん、臨地実習での学びが、自分自身の成長として実感できるように、日々学生のみなさんとかかわっています。看護は社会の中で求められているやりがいのある仕事です。活躍する場が広がる、看護師・保健師の2つの国家資格にチャレンジしてみてください。

卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージ

2つの資格取得で現代医療の多様な問題を解決できるリーダーへ

岩本 真理子 看護師

岩本 真理子
国立病院機構岩国医療センター 勤務

2014年卒業 山口県立岩国総合高校 出身

看護の現場でも「保健の学び」が活かされる!

集中治療室でさまざまな科の重症患者の看護が主な業務です。救急の為、24時間体制で患者さまの状態の変化に注意するのはもちろん、家族の方への心理面にも配慮した対応を心がけています。在学中の保健師の学びのおかげで、退院後の生活等も具体的に考えられ、視野を広げられていると感じます。思い出深いのは、国家試験前のていねいな個別指導や、試験日の朝、応援に来て下さっていた先生方の姿…。手厚い教育で今の私があると感謝しています。

高濱 佳奈 市町村保健師

高濱 佳奈
平生町保健センター 勤務

2007年卒業 山口県立熊毛南高校 出身

地域の方の健康づくりから育児相談まで幅広く支援!

保健師として、乳幼児健診や育児学級、認知症予防教室など、赤ちゃんから高齢者まで地域の健康づくりを目的に働いています。家庭訪問も積極的に行い、ご家族のことから生活習慣病に至るまで幅広く支援。顔を合わせて話を聴いたりする中で笑顔が見られると、私自身も幸せになれる、素敵な仕事だと感じています。看護師とは違い、保健師は地域のみなさんと長いスパンで関わり、支援できる職。「みんなの健康は私たちが支える!」という思いを大切に、日々がんばっています。

YMCAで学んだ先輩の声

在校生からのメッセージ

在校生からのメッセージ

同じ目標をめざして切磋琢磨する先輩からのメッセージ。

三津井 萌奈

三津井 萌奈

中村女子高校出身

心強い先生方のサポートで着実なレベルアップを実感!

入学の決め手は、4年間で看護師と保健師の国家資格を全員がめざせる点と、オープンキャンパスでの好印象。実習が多く、実践力を身につけられるのも魅力的でした。これから本格的に実習が始まりますが、1グループに先生が必ず同行してくださるので心強いです。わからないことや、つまずいた時も一人ひとりにあったアドバイスがあり、確実に力が備わっていく実感も!オン・オフを使い分けて楽しい学校生活を送れています。

朝倉 比奈子

朝倉 比奈子

広島県立五日市高校出身

予防の視点をもった視野の広いナースに

予防の観点から看護を学び、保健の知識を持った看護師がめざせると思い、岩国YMCAに入学しました。卒業時に高度専門士の称号も得られ、看護師と保健師の2つの国家資格を得て医療現場に出られるのは大きな強み。またYMCAは国際交流やボランティアが全国的に盛んで、さまざまな人とコミュニケーションがもてる機会がたくさん!学生時代に人間性を磨き、視野の広いナースをめざしたいです。

資料請求