トップ > 学科紹介 > メッセージ|介護福祉学科

介護福祉学科

高い専門性と実践力を身につけ、生活支援のプロフェッショナルを育成

高い専門性と実践力を身につけ、生活支援のプロフェッショナルを育成

2年間で介護福祉士の国家資格取得をめざし、全員が国家試験にトライします!介護に必要な専門知識・技術をしっかり身につけ、利用者の「くらしを豊かに」する介護の実践力を養います。学生の個性を伸ばせるようにサポートし、利用者の人生に寄り添える心を育てます。

介護福祉学科でめざせる

学科長メッセージ

佐々木 洋子

当学科では、介護福祉士とは”「介護」=「日常生活の援助」” ”「福祉」=ふつうのくらしをしあわせにする” ”「士」=国家資格”と位置づけ、専門的知識や技術はもちろん、自身の感性が輝くように、ボランティアや課外活動を通じて「心が動く」体感も大切にしています。人生に彩りを添える介護のスペシャリストを一緒にめざしませんか? 教員も学生と一緒に成長していくスタンスでみなさんをサポートします。

卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージ

卒業後もキャリアを積んでステップアップ!活躍の場は多彩に広がっています。

寺本 賢人 介護福祉士

寺本 賢人
美川苑 勤務

2017年卒業 神奈川県立逗子高校 出身

自分を変えてくれた介護の世界 多くの人に魅力を伝えたい

横浜で夢や目的もなく高校、大学時代を過ごし、そんな自分を変えたくて、祖父母がいる岩国のYMCAへ入学しました。それでも介護には特に興味はなかったのですが、実習での利用者の方とのふれあいが転機でした。心のこもった「ありがとう」の声にこれまで味わったことのないあたたかさを感じ、幸せに対する考え方も変わりました。介護の奥深さにひかれている今、多くの人に夢や憧れをもって福祉の世界に入ってもらいたい!そのためにも日々のふれあいを大切に利用者さんと向き合っています。

山本 絵理 介護福祉士

山本 絵理
介護付有料老人ホーム ティエラ 勤務

2018年卒業 山口県立高森高等学校 出身

「人生に寄り添う仕事」だから笑顔を忘れずに!

祖父が入所していた介護施設の職員の方々がとても生き生きと働いていて、介護福祉士に興味をもちました。今の職場は要介護度の低い方が多いのですが、それでも2度、看取りの場に立ち会っています。学生時代に学んだ、「人生に寄り添う仕事」の大切さを感じる瞬間でした。利用者のみなさんには励ましてもらったり、かわいがってもらったり…。ほめてもらえた笑顔で楽しいひとときを届けられるよう、日々がんばっています!

資料請求