奨学金・各種特典

TOP | 選抜・募集要項 | 奨学金制度・各種特典

選抜併用型・YMCA奨学生制度

山口県内において免除を受けた期間の1/2以上就業した場合、返還免除

保健看護学科
専願 指定校推薦型選抜
学校推薦型選抜(推薦)

社会人選抜
奨学生SS 年間授業料全額免除
(80万円)
奨学生S 年間授業料半額免除
(40万円)
奨学生A 年間授業料免除
(25万円)
奨学生B 年間授業料免除
(15万円)
併願 一般選抜 選抜の
成績上位者
授業料最大全額を卒業時まで
最大4年間免除
看護学科 准看護師免許取得者(見込者)対象
専願 指定校推薦型選抜
自己推薦

社会人選抜
奨学生SS 年間授業料全額免除
(65万円)
奨学生S 年間授業料半額免除
(32.5万円)
奨学生A 年間授業料免除
(20万円)
奨学生B 年間授業料免除
(10万円)
併願 一般選抜 選抜の
成績上位者
授業料最大全額を卒業時まで
最大2年間免除

高等教育の修学支援制度

 

経済的理由で進学を諦めないよう、20204年月からスタートした新制度の認定を受けています。日本学生支援機構の給付型奨学金の対象となれば、入学金・授業料の免除または減額を受けることができます。詳細は日本学生支援機構のホームページをご確認ください。

授業料等の免除・減額の上限額(年額)(住民非課税世帯<第Ⅰ区分>の場合)
  国公立 私立
入学金 授業料 入学金 授業料
大学 約28万円 約54万円 約26万円 約70万円
短期大学 約17万円  約39万円 約25万円 約62万円
高等専門学校 約8万円 約23万円 約13万円 約70万円
専門学校 約7万円 約17万円  約16万円 約59万円 

入学金の免除・減額を受けられるのは、入学後3ヶ月以内に申請して支援対象となった学生です。

給付型奨学金の支給額(住民非課税世帯<第Ⅰ区分>の場合)
区分 自宅通学 自宅外通学
大学・短期大学・専門学校    国公立 292,00円(33,300円) 66,700円
私立  38,300円(42,500円) 75,800円 
高等専門学校   国公立 17,500円(25,800円) 34,200円
私立 26,700円(35,000円)  43,300円

生活保護世帯で自宅から通学する人及び児童養護施設から通学する人はカッコ内の金額となります。

 

 世帯収入に応じた3段階の基準で支援額が決まります。
年収の目安 支援の区分は世帯構成や年収などで異なります

※毎年6月に更新される所得(住民税)情報で区分が判定されるので、例えば高校生のときに申し込んで対象外だった場合も、進学後(秋以降)に申し込んで支援対象となる可能性があります。

2021年度実施奨学金制度・国の教育ローン一覧(一部抜粋)

   対象者 採用人数 手続き期間
(必要書類提出)
採用決定 給付または貸与(月額) 利子 返済 返済の免除
日本学生支援機構  第一種 経済的理由により修学困難な者。高校等で最終2カ年の評定平均3.2以上 若干名 毎年春 6月 (自宅)
20,000円~53,000円から選択
(自宅外)
20,000円~60,000円から選択
無利息 (参考)
2年間貸与の場合、卒業後より132回)
なし
第二種 学習意欲があり、学業成績が平均以上 若干名 毎年春 6月 20,000円~120,000円 有利息
上限3.0%
(修学期間は無利息)
(参考)
2年間月額50,000円の場合、卒業後より156回)
なし

日本学生支援機構

《誰でもチャレンジ可! 学生の約4割が活用中》
在校生の3人に1人が活用している「日本学生支援機構」の奨学金。 国の教育施策の一環である奨学金制度で、返済は卒業後から開始。 利子は第1種では無利子、第2種も有利子ながら民間の教育ローンの利子より抑えられています。 低所得世帯を優先に採用し、第2種は春と秋に募集があるため、経済状況の変化にも対応しやすいのがメリットです。

日本学生支援機構

《誰でもチャレンジ可! 学生の約4割が活用中》
在校生の3人に1人が活用している「日本学生支援機構」の奨学金。 国の教育施策の一環である奨学金制度で、返済は卒業後から開始。 利子は第1種では無利子、第2種も有利子ながら民間の教育ローンの利子より抑えられています。 低所得世帯を優先に採用し、第2種は春と秋に募集があるため、経済状況の変化にも対応しやすいのがメリットです。

 

   対象者 採用人数 手続き期間
(必要書類提出)
採用決定 給付または貸与(月額) 利子 返済 返済の免除
山口県修学金 保健師・助産師・看護師資格取得見込者。県内に就職しようとする者で、修学金貸与の要件を満たす者 若干名 4~5月 7月 36,000円 無利息 免許取得後、県内において看護業務に従事しなかった場合、貸与と同じ期間内 5年以上200床未満(精神科病棟が80%を占める病院は200床以上でも可)の病院に看護職として勤務すれば返済免除
山口県ひとづくり財団  経済的理由により修学困難な者、県内に在住・就職し定住したい者。同種の貸与を受けていない者 若干名 4~5月 7月 71,000円 無利息
但し、県内に継続して5年以上定住しなかった場合、有利子3.0%
卒業後6ヵ月据え置き後、最長20年以内に返還 なし
日本政策金融公庫 世帯の年間収入が790万円以内の者(事業所得者は590万円以内) 原則として希望者全員 随時 随時 350万円以内
(修学期間)
有利息
1.68%
(修学期間内も有利息)
15年以内(交通遺児家庭または母子家庭、父子家庭または世帯収入(所得)200万円(122万円)以内の方は18年以内 なし

一人親サポート制度

自治体によっては一人親をサポートする教育支援制度があります。詳細は各自治体へお問い合わせください。

例:岩国市

高等職業訓練促進給付金

受講前に市町村への事前相談が必要です。

母子家庭の母および父子家庭の父が、看護師や介護福祉士など経済的自立に効果的な資格を取得するため、1年以上養成機関で受講する場合に、受講期間のうち最初の3年間について高等職業訓練促進給付金(月額100,000円〔市民税課税世帯の方は70,500円〕)を支給するとともに、修了後には高等職業訓練修了支援給付金(50,000円〔市民税課税世帯の方は25,000円〕)を支給。

その他の特典

YMCA家族割引制度

本校の在校生または卒業生のご家族の方が入学される場合、入学金の一部50,000円を割引します!

学校案内パンフレット等の詳しい資料を郵送しますので、下記の資料請求フォームからお気軽にお問い合わせください。